2006年03月31日

SummerSonic(サマーソニック)'2006、第5弾アーティスト発表!!

おおー。ガンガン増えるー。

追加されたアーティストは、次のとおりです。

・HOOBASTANK
・KEANE
・FALL OUT BOY
・DJ SHADOW
・NELLY FURTADO
・HAWTHORNE HEIGHTS
・SHE WANTS REVENGE
・DEVENDRA BANHART
・THE CAT EMPIRE
・ELLEGARDEN
・くるり

注目はHoobastank (フーバスタンク) ですね。

1994年米国ロサンゼルスで結成したフーバスタンクは、
2001年本国でデビュー作「フーバスタンク」をリリースし、いきなり全米で50万枚。
2003年の2nd「ザ・リーズン」もかなり売れました。

[The Reason]
Hoobastank

hooba

※試聴できます。>>>

ん〜、さすがに「ポスト・グランジのイアー・キャンディ(耳に心地良い音楽)」
と言われるのもわかる音。
古臭くないけど、ストレートでヘヴイなサウンドと、
ド真中のバラード(8.The Reason)といい、スター性バツグンです。

今年(2006年)5月には待望の3rd「EVERY MAN FOR HIMSELF」も
出るそーです。

関係ないけど、ボーカルのダグラス・ロブ(vo)は、
バルセロナのデコにソックリだなぁ(サッカー選手ね)。

★☆★ SummerSonic(サマーソニック)2006 ★☆★

[日程]:2006年8月12日(土)、8月13日(日)

[場所]:東京=千葉マリンスタジアム&幕張メッセ
   :大阪=WTC OpenAirスタジアム&インデックス大阪&Zepp大阪

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 20:17 | Comment(3) | TrackBack(2) | SummerSonic(サマーソニック) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

FujiRock(フジロック)'2006第3弾アーティスト発表!

おおイエ。第3弾です。


・ASIAN-KUNG-FU-GENERATION

・THE AUTOMATIC

・DONAVON FRANKENREITER

・FLOGGING MOLLY

・THE HIVES

・KT TUNSTALL

・STRING CHEESE INCIDENT

・THE TERRY ADAMS & STEVE FERGUSON QUARTET feat.
  TOM ARDOLINO & PETE TOIGO

・TOBY FOYEH AND ORCHESTRA AFRICA

・WOLFMOTHER


注目はやっぱ、スウェーデンの星、THE HIVES(ハイヴス)でしょうか。
おととし、サマソニに来てましたが、今年はフジロック。

超絶パフォーマンスは野外向けな気がしますな。

最新(3rd)アルバム↓。

[Tyrannosaurus Hives]
The Hives

hives

※全曲試聴できます。>>

ノリが突っ込んでるもんなー。(前がかり)
まさにイケイケ。でも工夫もいっぱい。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 23:01 | Comment(5) | TrackBack(2) | Fujirock(フジロック) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

Donald Fagen(ドナルド・フェイゲン)、Newアルバム発売!

カリスマユニット、「スティーリー・ダン」の
ボーカリストとしても有名なドナルド・フェイゲン。

ソロ・アルバムとしては2nd「KAMAKIARD('93)」以来、
13年ぶり(!)となる3rdアルバムを発売しました。

[Morph the Cat]
Donald Fagen

donaldfagen

※amazonで試聴できます。>>


このお方が、ソロ1stアルバム「Nightfly(ナイトフライ)」を
リリースしたのが1982年。。。

24年間で3枚かよ。笑
(スティーリー・ダンとしては9枚出してますけど)

彼は、「Nightflyは無垢な少年期、Kamakiriadは
人生の中盤について、そしてMoprh The Catは死をテーマにしたアルバム」
と語っているそうです。

「死」をイメージするほど暗くはないが、
淡々と運命を受け入れるような感覚は確かにある・・・。

さすがに味わい深いサウンド。
シンプルだけどツボを押さえたギタープレイがステキ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 23:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最近出た、注目の新譜。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月28日

Tool(トゥール)、先行DVDシングル発売!

シングルDVDとはやってくれます。

2006年5月に5年ぶりの4thアルバムをリリースするTool(トゥール)。
8月にはサマーソニック'06にも登場と、
ファンにとってはヨダレものの一年となりそうです。

待ちきれない方は先行シングルDVDを堪能するのもヨシ。

[Parabola]
Tool

parabola

※amazonのレビューをチェキ。>>

コレ、HMVでチラ観しました。
(チラ観といっても15分くらい観てましたけど)

もちろん、小春日和にはまったく向かないDVDですが、
作品としては随所にこだわりがあり、曲もさすがです。

ん〜、早くアルバム聴きたいなー。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 06:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | ロックDVDを楽しむ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

今週の「売れてるCDアワード!」

●2006/3/20 byオリコン (ロック系アルバムのみ抜粋)

・・・プリンス様はジャンル分けが難しいんですが、ランクに入れておこ。
トップは先週と変わらずZebrahead(ゼブラヘッド)。
かなり息が長いですね〜。

James Blunt(ジェイムス・ブラント)はまだ落ちません。
このアルバム、日本盤が出てから半年経ちます。。。

■1位
ブロードキャスト・トゥ・ザ・ワールド(期間限定価格盤)
B000E1NYHQゼブラヘッド

ソニーミュージックエンタテインメント 2006-02-22
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■2位
3121 (Dig)3121 (Dig)
Prince


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■3位
Back to Bedlam
Back to BedlamJames Blunt


おすすめ平均 star
starHe rocks!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■4位
Little WilliesLittle Willies
Little Willies


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■5位
JukeboxJukebox
Bent Fabric


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック!のHomeへ戻る>>>

最近売れてるロックDVD!? >>>

posted by スティーヴンスK at 05:47 | Comment(0) | 今週の「売れてるCDランキング」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

Placebo(プラシーボ)、ニューアルバム発売!

1996年、1stアルバム「Placebo」でデビュー。
以来、英国グラムロック界のトップランナーとして
国内外から支持されているプラシーボ。

2003年の4th「Sleeping With Ghosts」から3年。
待望の5thアルバム「Meds」をリリースします。

[Meds]
Placebo

placebo 

※amazonでチェキ。>>

※試聴はココで出来ます。 >>

ビジュアルだけではない、音楽的な実力を持つがゆえ、
デビッド・ボウイの系譜を継ぐ者として語られる、
フロントマン、ブライアン・モルコ。

placebo_brian

女性ファンとは違った意味で一度ナマで観てみたい。
夏フェス来ると思うんだよね〜。今、ワールドツアー中だし。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 11:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最近出た、注目の新譜。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

Prince(プリンス)、ニューアルバム発売!

ファンク殿下、プリンスが
2004年5月の「MUSICOLOGY」以来となるスタジオアルバム、
「3121」をリリースします。
(サーティワン、トゥエンティワンと読みます)

[3121]
Prince

prince 

※amazonのレビューをチェキ>>

※試聴は「3121」専用サイトで。

これぞプリンス!と唸らせるポップファンク。

ゲスト陣はテイマー、メイシオ・パーカー、キャンディ・ダルファー、
シーラEを初め、イケイケのメンバーが大集合。
独自ワールドを脇で支えています。

しかし、この御方はレコード会社が落ち着かない。。。
デビューから18年間は、ずっとワーナーと契約していましたが、
ワーナーとの確執があって以降は、自身のレーベルを設立。
EMIを通じてアルバムを出したかと思ったら、
インターネットのみで活動していた時代もありました。

その後も、アリスタ、ソニーと移籍し、今回はユニバーサル。

安息の地になるといいんだけどなー。
2002年以来となる来日も期待してるぞ、殿下。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 09:35 | Comment(0) | TrackBack(1) | 最近出た、注目の新譜。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

UDO MUSIC FESTIVAL(ウドーミュージックフェス)2006、開催決定!

まさかの殴りこみ。

フジロック、サマーソニックという夏フェスの二大勢力に
ウドーが真正面からカチコミました。いやぁ、驚き。


【UDO MUSIC FESTIVAL 2006】

日程:2006年7月22日(土)、23日(日)
場所:富士スピードウェイ、泉大津フェニックス

[参加が決定しているアーティスト]

Kiss(キッス)、
Santana(サンタナ)
Jeff Beck(ジェフ・ベック)
Soft(ソフト)
The Click FIve(ザ・クリック・ファイブ)

一昨年の「THE ROCK ODYSSEY」の進化形とのことです。
国内外のアーティストを30組呼ぶんだってさ。

なんて贅沢なんだろう、日本の夏。

しかし、キッス、サンタナ、ジェフベックときてソフトか。
狙ってる客層メチャクチャか。

僕らくらいでギリギリと違うかなぁ。
どうせならビーチボーイズとかも呼んで、
オッサンと家族狙いのほうがええんと違うかなぁ。

しかし、ソフトがココに出るとは意外だ。。。
サマソニかフジロックに出るべきだろう、君たちは。
あ、もしかしてハシゴか?

オフィシャルサイトはこちら

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(2) | フェスティバル情報です。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

名盤紀行(聴こー)【vol.9:Back in Black】AC/DC

こんにちは。

仕事そっちのけでWBC(ワールドベースボールクラッシック)を
生観戦しまくっていた僕です。

ロックブログで野球ネタから入るのは禁断ですが(笑)、
これも理由があります。

最もシビれた試合といえば、決勝のキューバ戦。
そして最もシビれたシーンといえば、
8回ウラに6-5と一点差に迫られた大ピンチ。

観ているだけでも心臓バクバクの場面で登場したのは、
レンジャーズの大塚投手。
普段は笑顔がステキな大塚投手ですが、鬼のような形相でマウンドへ。

その時、ペトコ・スタジアムに流れたのは、
かの名曲、AC/DCのHells Bells(ヘルズ・ベルズ)でした。

[Back in Black]
AC/DC

backinblack

※amaoznで試聴できます。(Hells Bellsは1曲目)

元々は、大塚投手のかつての同僚、パドレスのホフマン投手のテーマ曲。
「試合前にホフマンに電話して、あなたのテーマ曲を使わせてくださいと
頼んだんですよ。最高のリリーフ投手の曲でパワーをもらいました」。(大塚投手談)

そりゃ気合も入るわな。観ているほうもシビれる選曲でした。

ということで、迷わず「名盤紀行」でチョイス。

この「Back in Black」は、1980年にリリースされたアルバム。
全世界で1000万枚以上売った大ヒット作品です。

また、この作品は初代ボーカリスト、ボン・スコットが亡くなった直後、
新ボーカリストのブライアン・ジョンソンを迎えて作られたアルバムであり、
1曲目の「ヘルズ・ベルズ」で鳴り響く鐘は、
スコットへの追悼の意味を込めた深〜い意味のある鐘でした。

うん、エエ音してるよ。。。ベタな曲だけど、ベタが胸にしみます。

プレッシャーを一身に背負った大塚選手の顔と、この曲。。。
そして、スタンドではこの曲をバックに陽気に腰を振る日本人。。。

んーーー、ザッツ、カオス。

一生忘れません。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 23:45 | Comment(0) | TrackBack(1) | 名盤紀行(聴こー)。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

PUNKSPRING(パンクスプリング)06、タイムテーブルとレビュー一覧!

もう、3月も後半。

いよいよ春らしくなってきた。。。

ということは、日本初の春フェス「パンクスプリング06」ももうすぐ開催!

【PUNKSPRING'06】

・2006/4/1(土) 幕張メッセ
・2006/4/2(日) 大阪城ホール

さんざんレビューしておいてナンですが、
僕は残念ながら都合がつかず、行けないんです(泣)。

ま、それはそうとチケットは売り切れみたいだし、
行く人は楽しんでくださいねー。

タイムテーブルも発表されていますし、お目当てのバンドを見逃さないよーに。
[パンクスプリング タイムテーブル]
(トリはゼブヘではなくて、やはりバッド・レリジョンでしたね。。。)

さて、行く人の中には、
・彼氏がパンカーのため、仕方なしについていくことになった。
・何のイベントかよく分かっていないが、上京ついでに。
・バネ屋の展示会だと思っている。

なんて人もいるかもしれないですね。

↓レビューを読んで予習していきましょ。
少しでも知っていると数倍楽しめるからねー。


【出演アーティストのレビュー一覧】

■311(スリーイレブン)

■THE ACADEMY IS...(ジ・アカデミー・イズ)

■Bad Religion(バッド・レリジョン)

■BEAT CRUSADERS(ビート・クルセイダース)

■THE LIVING END (ザ・リヴィング・エンド)

■MXPX(エムエックスピーエックス)

■PANIC! AT THE DISCO(パニック・アト・ザ・ディスコ)

■SUGARCULT(シュガーカルト)

■ZEBRAHEAD(ゼブラヘッド)

■POLYSICS(ポリシックス)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | PUNKSPRING'06アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

PUNKSPRING'06 アーティストレビュー:POLYSICS(ポリシックス)

パンクスプリングのアーティストレビュー、今日で最後です。(イヤァ)
開幕までに仕上がりました〜。

ファイナルはPOLYSICS(ポリシックス)。

ポリシックスは、1997年にスタート。
「TOKYO NEWWAVE OF NEWWAVE」というコンセプトをひっさげ活動を開始。

インディーで1stを出したのは1999年2月。
その年のフジロック'99にいきなり出演。注目を浴びます。

2000年3月にはアメリカツアーを実施。
4月にはメジャーレーベル、キューンレコードに移籍します。

2000年9月にメジャー1stアルバム「NEU」をリリースし、
2001年6月には、早くも2ndアルバム「ENO」を出します。

全国ツアーはもちろん、日本を代表するフェス[ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2001]などに
出演。そのライブパフォーマンスに磨きをかけ続けました。

早くから海外に出ていたことで、米・英での人気も高く、
最新アルバム8th「Now is the time!」は、日・米・英3ヶ国で制作されたもの。↓

[Now is the time!]
POLYSICS

now_is_the_time

※amazonでチェキ。>>

※ Sonyのサイトで数曲試聴できます。>>

最近では、2006年3月17日に発表された[Space Shower Music Video Award 06]
で「Best Concept Video」賞を受賞。

彼らのセンスが一発でわかる、ナイスなビデオです。

[I My Me Mine] POLYSICS PV

音楽的にパンクというかは微妙ですが、存在はパンクですね。笑
パンクスプリング06にも強烈なインパクトを残すでしょう〜。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | PUNKSPRING'06アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

今週の「売れてるCDアワード!」

●2006/3/13 byオリコン (ロック系アルバムのみ抜粋)

トップと2位は先週と変わらず。
Zebrahead(ゼブラヘッド)の新作と、James Blunt(ジェイムス・ブラント)。

3位にノラ・ジョーンズの新バンドThe Little Willies(リトル・ウィリーズ)。
4位に81歳のBent Fabric(ベント・ファブリック)。

■1位
ブロードキャスト・トゥ・ザ・ワールド(期間限定価格盤)
B000E1NYHQゼブラヘッド

ソニーミュージックエンタテインメント 2006-02-22
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■2位
Back to Bedlam
Back to BedlamJames Blunt


おすすめ平均 star
starHe rocks!!

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■3位
Little WilliesLittle Willies
Little Willies


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■4位
JukeboxJukebox
Bent Fabric


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


■5位
Sing-A-Longs & Lullabies for the Film Curious George
Sing-A-Longs & Lullabies for the Film Curious GeorgeJack Johnson and Friends


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック!のHomeへ戻る>>>

最近売れてるロックDVD!? >>>

posted by スティーヴンスK at 11:02 | Comment(0) | 今週の「売れてるCDランキング」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

Rob Zombie(ロブ・ゾンビ)、Newアルバム発売!

ホラー映画の監督業も忙しい、ロブ・ゾンビ。

久々(約4年ぶり)にアルバム発売です。

[Educated Horses]
Rob Zombie

educated horses

※amazonでチェキ。>>

ホワイト・ゾンビからロブ・ゾンビにバンド名を変更し、
それから3枚目となるアルバム。

ゲストミュージシャンとして、モトリーのドラマー、トミー・リー、
元マリリン・マンソンのギタリスト、ジョン5も参加。

このサイトでアルバム収録曲 「foxy,foxy」と「Let It All Bleed Out」を
試聴しましたが、相変わらずヘヴィでノレるバッキングとポップなボーカル。

曲のわりに歌メロが「デス」っぽくならないのが好きですね。
相変わらずキャラは最高。踊れるメタル。好きですね〜。

ライブ行きてーなー。

・・・しかし、このアルバムタイトルは何の意味があるのかな。隠語かな?
「調教された馬」?ワケわからん。。。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 10:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 最近出た、注目の新譜。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

SummerSonic(サマーソニック)'06、第4弾アーティスト発表!!

追加されたアーティストは、次のとおりです。

TOOL

DEFTONES

THE RAPTURE

TAKING BACK SUNDAY

PHOENIX

・・・うわー。(笑)

今年はヘヴィだなー。ほんとに重いなー。
青空が似合わないバンドを集めてるなー。(笑)

DEFTONES(デフトーンズ)もビッグネームだけど、
びっくりはTOOL(トゥール)の登場。

ナマで観れるなんて。。。なんか嬉しいというかドキドキする。

TOOLは、教祖的な人気がある、呪術的(?)ヘヴィロックバンド。

1990年、米国で結成。
1993年、「Undertow(アンダートウ)」でデビュー。
この1stアルバムも人気がありますが、不動の地位を確立したのは、
全米初登場2位を記録した、1996年の2nd「Aenima(アニマ)」。

[Aenima]
Tool

aenima

※amazonで試聴できます。>>

結局、全米だけで300万枚以上売り、
その強烈すぎるサウンドは、全世界から絶賛されました。

そして5年後にリリースされた、
2001年の3rd「Lateralus(ラタララス)」も
熱い支持を受け、ハマりまくった人は数知れず。
前作よりも聴きやすく、
それでいて深いサウンドでロックファンを魅了しました。

[Lateralus]
Tool

latetalus

※amazonで全曲試聴できます。>>


でもって、2006年5月には5年ぶりの4thアルバムが出ます。
サマソニは、このアルバムを引っさげての登場ですね。

テンション勝手にあがる。

★☆★ SummerSonic(サマーソニック)06 ★☆★

[日程]:2006年8月12日(土)、8月13日(日)

[場所]:東京=千葉マリンスタジアム&幕張メッセ
   :大阪=WTC OpenAirスタジアム&インデックス大阪&Zepp大阪

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 11:06 | Comment(3) | TrackBack(1) | SummerSonic(サマーソニック) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

話題の81歳、Bent Fabric(ベント・ファブリック)!

ベント・ファブリック??

「最近、やけにCDショップがプッシュしてるなぁ。。。」
「でもこんな人知らんなぁ。。。」

と思って聴いてみたらビックリ。
「楽しい系ノリノリダンス」が好きな僕にピッタリ。

そしてベント・ファブリックとは、
81歳のおじいちゃんでした。。。(驚愕)

[Jukebox]
Bent Fabric

bentfabric

※amazonで全曲試聴できます。

ヨーロッパでバカ売れらしいです。(納得)
キャッチフレーズは、
「クインシー・ジョーンズ meets ファットボーイ・スリム」。

あはは。ウマいこと言うなぁ。そのとおり。。。

最近、若いロッカーの台頭がめざましかったけど
81歳のおじいちゃんがブレイクするとは思わなんだ。

フジロックかサマソニに来ないかな。。。

プロフィールは以下のとおり。

ベント・ファブリック=[本名]Bent Fabricius-Bjerre。
1924年12月7日、デンマークはコペンハーゲン生まれのジャズ・ピアニスト。
レコード会社メトロノーム・レコードの代表。
デンマークの王立劇場でのバレエやオペラ音楽なども手がけています。

ん〜、「音楽は30歳まで。それで成功しなかったら諦める」
なんて言っているヤツは、脳みそ殴られるだろうね。

この人は楽しく生きてるんだろうな〜。
音楽から滲み出てる。。。見習いたいところイッパイ。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 21:59 | Comment(2) | TrackBack(1) | 最近出た、注目の新譜。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

FujiRock(フジロック)'06第2弾アーティスト発表!

第1弾から2週間ぶりの発表がありました。
追加アーティストは次のとおり。

・クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー
・ジェイソン・ムラーズ
・ジョニー・A
・クーラー・シェイカー
・ザ・ライク
・Mumm-Ra
・Mystery Jets
・The Refugee All Stars of sierra loene
・THE SPINTO BAND
・ストレイテナー
・スーパー・ファリー・アニマルズ
・TRASHCAN SINATRAS
・ヤー・ヤー・ヤーズ

クーラ・シェイカーって解散してるよね?
と思ったら、再結成らしい。おおー。

その他で注目といえば、やっぱクラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤーですね。
「こりゃニューヨークだわ」と思わせるアーティスティックで、
ポップで、ダウナーな雰囲気を持つ注目の新人バンド。

今年の1月に一度だけ東京でライブしてますが、
即売切れだったみたいだし、見逃した人は楽しみですね。

[Clap Your Hands Say Year]
Clap Your Hands Say Year

clap 

※amazonのレビューをチェキ>>

このデビュー・アルバムは、完全自主制作。
日本のチャートにも長くランクインしていました。

ライブも独特のハッチャけ(?)ノリ。観たいなぁ〜。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 07:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | Fujirock(フジロック) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

Little Willies(リトル・ウィリーズ)、デビューアルバム発売!

ノラ・ジョーンズ。

洋楽ファンで、彼女の名前を知らない人はいないでしょう。

2002年にアルバム「カム・アウェイ・ウィズ・ミー」で世界デビュー。

この1stアルバムで、2003年グラミー賞主要4部門含む全8部門で受賞。
全世界で2000万枚(日本国内でも100万枚)のセールスをあげました。

2nd「フィールズ・ライク・ホーム』も素晴らしい作品で、
全世界28カ国でヒットチャートNo.1を獲得。

誰もが認める、世界を代表する特別なシンガー・ソングライターです。

そして、なんと今度は「バンド」を組みました。
・・・絶対聴きたいやん、そんなの。(笑)

[Little Willies]
Little Willies

littlewillies

※amazonで全曲試聴できます。>>

バンドの名は、「リトル・ウィリーズ」。
結成の経緯は、2003年、NYにある小さなバー“リビング・ルーム”で
一夜限りのギグを行った5人が意気投合したことから。

このアルバムには、5人のメンバーが敬愛する、
ウィリー・ネルソン、プレスリーのカヴァーからオリジナル曲(4曲)まで入っています。

曲調はカントリーがベース。
オールドアメリカンな感じですね。

これ、お酒のむ人にはいいと思うな〜。
マッタリと一杯やりながらホンワカできるアルバムです。
(曲のクオリティは説明するまでもありません)

【リトル・ウィリーズ・メンバー】
ノラ・ジョーンズ(ヴォーカル/ピアノ)
リー・アレキサンダー(ベース)
ジム・カンピロンゴ(エレクトリック・ギター)
リチャード・ジュリアン(ヴォーカル/ギター)
ダン・ライザー(ドラム)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 08:52 | Comment(0) | TrackBack(1) | 最近出た、注目の新譜。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

PUNKSPRING'06 アーティストレビュー:ZEBRAHEAD(ゼブラヘッド)

アメリカ西海岸オレンジ・カウンティにて、
1996年に結成された、USパンクの雄。

1998年11月に1st「WASTE OF MIND」をリリース。
このときは、パンクというよりミクスチャーバンド。

なんでもアリなロックバンドでした。

[Waste of Mind]
Zebrahead

zebra_mind

※amazonで全曲試聴できます。>>

かといってマイナーな音ではなく、
11社ものメジャー・レーベルによる争奪戦があったことが
納得できるサウンド。ミクスチャーバンドとして名を馳せます。

2001年には2nd「PLAYMATE OF THE YEAR」をリリース。
日本でも異常なほどのヘヴィローテーションとなるほどで、
ゴールド・ディスク獲得しました。

2003年に3rd「MFZB」ではパンク色が強くなり、
ツアーでは度々日本を訪問。人気を強固なものにしていきます。

しかし、2004年。
不動のメンツだったゼブラヘッドから、
ボーカリストのジャスティンが脱退。
バンドの存亡も危惧されましたが、新ヴォーカリスト、マッティが加入。

2006年には待望のニューアルバム「Broadcast to the World」が
リリースされ、バカ売れ。
日本の洋楽チャートでもトップを獲りました。

[Broadcast to the World]
ZEBRAHEAD

zebra_broad

※amazonのレビューをチェキ。>>>

ノリノリで来日し、
Punkspring(パンクスプリング)ではトリを飾るゼブラヘッド。

演リ慣れた日本で歓迎を受け、きっと大盛りあがりのステージ
になるでしょう。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | PUNKSPRING'06アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

David Gilmour(デヴィッド・ギルモア)22年振りのニューアルバム!

ピンク・フロイドのギタリスト、
デヴィッド・ギルモアが、1984年の「About Face」以来
22年振り(!)となる新作をリリースしました。

[On an Island]
David Gilmour

gilmour

※amazonのレビューをチェキ。>>

しかし、「22年振り」なんて初めて書いたよ。。。

ピンク・フロイドのメンバーがスタジオアルバムを出すのも、
バンドとしての1994年作品「The Division Bell」以来。

まぁ。。。なんというか、味わい深いというか。

そういえば2005年の「ライブ8」で、ロジャーが久しぶりにバンドに復帰し、
4人全員揃ってのライブが25年ぶりに実現。
ファンを泣かせたのは記憶に新しいですね。

去年はクイーンも来たし、ピンク・フロイド来日もあるのかも。。。
いや・・・さすがに、それはないかな?(笑)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(1) | 最近出た、注目の新譜。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

PUNKSPRING(パンクスプリング)、第6弾アーティスト発表!

シークレットだった「Japanese Act(tokyo)」は、
DJ TYUNK BRAiN。(テュンク・ブレイン)

アレ?

・・・というのも、
元々は「ULTRA BRAiN」というバンドがあって、
これはHi-STANDARDの難波章浩の新バンドなのです。

このバンドで、難波章浩はTYUNK BRAiNと名乗っているため、
「DJ TYUNK BRAiN」で登場するってことはピンで来るってことかな。

3月にデビューアルバム出すみたいだし、
バンドで来たほうがいいのにな。。。なんでだろ。

[NEO PUNK]
ULTRA BRAiN

ultrabrain

3/22発売。※amaoznで予約受付中。>>

先行シングルでリリースされた"GHOST BUSTERZ"のPVはこちら。

 [Windows Media Player / Real Player]

これでパンクスプリングのアーティストは全て決定!
なんだかんだで豪華なメンバーになりました。


===出演が決定しているアーティスト===

311

THE ACADEMY IS...

BAD RELIGION

BEAT CRUSADERS

THE LIVING END

MXPX

PANIC! AT THE DISCO

SUGARCULT

ZEBRAHEAD

ELLEGARDEN

POLYSICS

DJ TYUNK BRAiN

===opening act===

NAILPIN

THE SHAVERZ

GIRIL[ex:DADAS]

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 20:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | フェスティバル情報です。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




DVD・CDレンタルなら楽天レンタル

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。