2006年03月22日

PUNKSPRING(パンクスプリング)06、タイムテーブルとレビュー一覧!

もう、3月も後半。

いよいよ春らしくなってきた。。。

ということは、日本初の春フェス「パンクスプリング06」ももうすぐ開催!

【PUNKSPRING'06】

・2006/4/1(土) 幕張メッセ
・2006/4/2(日) 大阪城ホール

さんざんレビューしておいてナンですが、
僕は残念ながら都合がつかず、行けないんです(泣)。

ま、それはそうとチケットは売り切れみたいだし、
行く人は楽しんでくださいねー。

タイムテーブルも発表されていますし、お目当てのバンドを見逃さないよーに。
[パンクスプリング タイムテーブル]
(トリはゼブヘではなくて、やはりバッド・レリジョンでしたね。。。)

さて、行く人の中には、
・彼氏がパンカーのため、仕方なしについていくことになった。
・何のイベントかよく分かっていないが、上京ついでに。
・バネ屋の展示会だと思っている。

なんて人もいるかもしれないですね。

↓レビューを読んで予習していきましょ。
少しでも知っていると数倍楽しめるからねー。


【出演アーティストのレビュー一覧】

■311(スリーイレブン)

■THE ACADEMY IS...(ジ・アカデミー・イズ)

■Bad Religion(バッド・レリジョン)

■BEAT CRUSADERS(ビート・クルセイダース)

■THE LIVING END (ザ・リヴィング・エンド)

■MXPX(エムエックスピーエックス)

■PANIC! AT THE DISCO(パニック・アト・ザ・ディスコ)

■SUGARCULT(シュガーカルト)

■ZEBRAHEAD(ゼブラヘッド)

■POLYSICS(ポリシックス)

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 10:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | PUNKSPRING'06アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

PUNKSPRING'06 アーティストレビュー:POLYSICS(ポリシックス)

パンクスプリングのアーティストレビュー、今日で最後です。(イヤァ)
開幕までに仕上がりました〜。

ファイナルはPOLYSICS(ポリシックス)。

ポリシックスは、1997年にスタート。
「TOKYO NEWWAVE OF NEWWAVE」というコンセプトをひっさげ活動を開始。

インディーで1stを出したのは1999年2月。
その年のフジロック'99にいきなり出演。注目を浴びます。

2000年3月にはアメリカツアーを実施。
4月にはメジャーレーベル、キューンレコードに移籍します。

2000年9月にメジャー1stアルバム「NEU」をリリースし、
2001年6月には、早くも2ndアルバム「ENO」を出します。

全国ツアーはもちろん、日本を代表するフェス[ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2001]などに
出演。そのライブパフォーマンスに磨きをかけ続けました。

早くから海外に出ていたことで、米・英での人気も高く、
最新アルバム8th「Now is the time!」は、日・米・英3ヶ国で制作されたもの。↓

[Now is the time!]
POLYSICS

now_is_the_time

※amazonでチェキ。>>

※ Sonyのサイトで数曲試聴できます。>>

最近では、2006年3月17日に発表された[Space Shower Music Video Award 06]
で「Best Concept Video」賞を受賞。

彼らのセンスが一発でわかる、ナイスなビデオです。

[I My Me Mine] POLYSICS PV

音楽的にパンクというかは微妙ですが、存在はパンクですね。笑
パンクスプリング06にも強烈なインパクトを残すでしょう〜。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | PUNKSPRING'06アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

PUNKSPRING'06 アーティストレビュー:ZEBRAHEAD(ゼブラヘッド)

アメリカ西海岸オレンジ・カウンティにて、
1996年に結成された、USパンクの雄。

1998年11月に1st「WASTE OF MIND」をリリース。
このときは、パンクというよりミクスチャーバンド。

なんでもアリなロックバンドでした。

[Waste of Mind]
Zebrahead

zebra_mind

※amazonで全曲試聴できます。>>

かといってマイナーな音ではなく、
11社ものメジャー・レーベルによる争奪戦があったことが
納得できるサウンド。ミクスチャーバンドとして名を馳せます。

2001年には2nd「PLAYMATE OF THE YEAR」をリリース。
日本でも異常なほどのヘヴィローテーションとなるほどで、
ゴールド・ディスク獲得しました。

2003年に3rd「MFZB」ではパンク色が強くなり、
ツアーでは度々日本を訪問。人気を強固なものにしていきます。

しかし、2004年。
不動のメンツだったゼブラヘッドから、
ボーカリストのジャスティンが脱退。
バンドの存亡も危惧されましたが、新ヴォーカリスト、マッティが加入。

2006年には待望のニューアルバム「Broadcast to the World」が
リリースされ、バカ売れ。
日本の洋楽チャートでもトップを獲りました。

[Broadcast to the World]
ZEBRAHEAD

zebra_broad

※amazonのレビューをチェキ。>>>

ノリノリで来日し、
Punkspring(パンクスプリング)ではトリを飾るゼブラヘッド。

演リ慣れた日本で歓迎を受け、きっと大盛りあがりのステージ
になるでしょう。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | PUNKSPRING'06アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

PUNKSPRING'06 アーティストレビュー:SUGARCULT(シュガーカルト)

トヨタの新車「ラクティス」のTVCMに起用されたことが話題の
シュガーカルト。

このCMではビートルズの名曲「ハード・デイズ・ナイト」を
パンクロックにアレンジ。

ビートルズ世代のオジサンも
「お、なかなかイイじゃん」という反応が多かったですし、
曲自体がすごくキャッチーなので、ファン層を拡げたんではないでしょうか。

さて、シュガーカルトが結成されたのは1995年。
アメリカ・サンタバーバラを拠点に活動を始めました。

コツコツとライブ活動を続け、
2001年、1stアルバム「START STATIC」をリリース。
同時に全米ツアーを始めると各地でファンを獲得、
アルバムセールスもビルボードのインディーチャートでTop40に入ります。

日本でも2003年4月に日本盤をリリース。
同年6月には初来日。東名阪+福岡を周るツアーを敢行。
8月にはサマーソニックに出演と勢いを増していきました。

2004年2月には2ndアルバム「PALM TREES AND POWER LINES」を
リリース。

[Palm Trees and Power Lines]
Sugarcult

sugarcult1

※amazonで全曲試聴できます。>>

気軽に楽しめるストレートなパンクロック。
ボーカリスト、ティム・パグノッタの声も魅力的ですね。

もうすぐ3rdアルバムも発売されるらしいです。

絶好調で日本初の春フェス「Punkspring(パンクスプリング)」に
乗り込んでくることでしょう。

あ、東京のチケットは売り切れみたいです。
まだの人はオークション狙いですね〜。笑

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>


今週の 「売れてるCDアワード」をみてみる。>>>

posted by スティーヴンスK at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | PUNKSPRING'06アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月05日

PUNKSPRING'06 アーティストレビュー:PANIC! AT THE DISCO(パニック・アト・ザ・ディスコ)

なんとかこの「PUNKSPRING'06 アーティストレビュー」も、
7バンド目。。。

以外にガンバル僕・・・。

自分のこと「S」だと思ってましたが、
実は「ドM」なんじゃないかと思う今日この頃。

少しくらいシンドくても、読んでもらえれば快感です。(黙れ)

・・・さて。
今日は「PANIC! AT THE DISCO(パニック・アト・ザ・ディスコ)」。

前にレビューした「THE ACADEMY IS...」と
同じインディーレーベル、「FUELED BY RAMEN」所属です。
(ま、インディーといってもかなり人気あります。)

PANIC! AT THE DISCOは、ラスベガスで結成された4人編成のバンド。

2005年に1stアルバム「 FEVER YOU CAN'T SWEAT OUT」を
リリースしたばかりです。

[A Fever You Can't Sweat Out]
Panic! At the Disco

panic_at

※amaonで詳細チェキ。>>>

※試聴はこの海外サイトで。

インディーから、1stアルバム出したばっかり・・・
なんて聞くと「ポッと出てきただけちゃうの〜?(なぜか関西弁)」と
思いがちですが。

・・・かなり売れてるみたいです。

僕もこの「パンクスプリング」が終わったあとに、
一番株を上げるのは「パニック・アト・ザ・ディスコ」じゃないかと
思ってます。

サウンド的には「パンク&テクノ」のコラボですが、
融合のしかたのレベルが高いなぁと。
歌メロもツボを押さえてるし、アコースティックなサウンドも
イヤみなく織り交ぜてます。

ストレートなパンク陣が多い中で、
「踊れるパンク」を持ってくる彼らに、かなり注目が集まるでしょう。

・・・イケメンだし。(結局ソレか)


※チケット詳細はイープラスで。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>

最近売れてるロックDVD!? >>>

posted by スティーヴンスK at 17:38 | Comment(5) | TrackBack(2) | PUNKSPRING'06アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月29日

PUNKSPRING'06 アーティストレビュー:MXPX(エムエックスピーエックス)

すっかりパンク界のメジャーアーティストになったMXPX。

その「屈託のない」ストレートなパンクロックで、
日本のファンを魅了し続けている3人組です。

結成した場所はワシントン。1992年でした。

1994年、インディーから1stアルバム「Pokinatcha」をリリース。
その後2枚のアルバムをリリースして、メジャーへ移籍。

1998年にメジャー1st「Slowly Going The Way Of The Buffalo」をリリース。
このアルバムがゴールド・ディスクを獲得。
Bad Religion(バッド・レリジョン)のツアーに帯同するなど、
確実にパンクの世界で足元を固めていきます。

2000年には2ndアルバム「The Ever Passing Moment」をリリース。

2003年に3rd「Before Everything & After」を発表し、
日本でも不動の人気を誇るようになります。

そして去年2005年6月には
待望の4thアルバム「Panic」をリリース。

[Panic]
MXPX

panic

※amazonで全曲試聴できます。>>>


MXPXはサマーソニック'01に出演するなど、
何度か来日してライブをしていますね。

「パンクスプリング」という日本初のパンクイベントに
呼ばれるのは当然っちゃ当然。

タイムスケジュールはまだ分かりませんが、
誰の前後で演るのか、楽しみですね〜。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>

最近売れてるロックDVD!? >>>

posted by スティーヴンスK at 17:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | PUNKSPRING'06アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月16日

PUNKSPRING'06 アーティストレビュー:THE LIVING END (ザ・リヴィング・エンド)

怒涛のレビューラッシュ!(ひぃはぁ)
PUNKSPRING(パンクスプリング)'06がアツイぜ〜。
アツくて死ぬぜ〜〜!

・・・さて、今日のお題は「THE LIVING END」。
オーストラリア、メルボルン出身。
メロディ重視ののスリーピース・パンクバンドです。

1994年結成。

1996年にグリーン・ディのサポートアクトを務めるなど、
数多くのライブパフォーマンスで力をつけ、
1997年に1stアルバム「LIVING END」でデビュー。

2000年には2ndアルバム「ROLL ON」をリリース。

順調に人気を集めていったその矢先。

2001年にフロントマンのクリス・チェニーが交通事故にあい、
活動休止を余儀なくされました。

それに加えて、オリジナルドラマーが脱退。
存続の危機に瀕しましたが、見事復活。

日本ではサマーソニック'03で爽快なライブを披露し、
2003年10月には3年ぶりの3rdアルバム「Modern Artillery』をリリース。

[Modern Artillery]
The Living End

livingend

※amazonのレビューをみる。>>>

※ワーナーのサイトで試聴できます。 >>>

 2006年2月6日には、Newアルバム「STATE OF EMERGENCY」の発売が
決定しているリヴィング・エンド。(日本盤未定)

PUNKSPRING(パンクスプリング)でも、
ロカビリー&メロディックなパンクで、ファンを楽しませてくれるでしょー。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>

最近売れてるロックDVD!? >>>

posted by スティーヴンスK at 22:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | PUNKSPRING'06アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

PUNKSPRING'06 アーティストレビュー:BEAT CRUSADERS(ビート・クルセイダース)

お面を愛するバンド、ビート・クルセイダース。
ライブ以外では一切、素顔を明かさずお面をカブってます。笑

こういうネタは抜きにしても、
今や、日本のロック界を支えるバンドの一つですね。


結成は1997年。

1999年5月、シングル「『NEVER POP ENOUGH E.P.」でインディーデビュー。

同年6月に1stアルバム「HOWLING SYMPHONY OF」をリリースします。


その後、コンスタントにレコードをリリースしながら
精力的なツアーを敢行。
アメリカやオーストラリアでのライブで、パフォーマンスを磨きます。

で、2005年5月にはメジャー1stアルバム(通算5th)、
「P.O.A.〜POP ON ARRIVAL〜」をリリース。

[P.O.A.〜POP ON ARRIVAL〜」
BEAT CRUSADERS

p.o.a

※amazonのレビューを見る。>>>

※ソニーのサイトで試聴できます。>>>

そして、このアルバムが大ヒット。
国内で17万枚を売り、オリコンでも初登場3位と快進撃。

収録曲「HIT IN THE USA」が人気音楽アニメ「BECK」の主題歌に
なったことも拍車をかけ、遅咲きロッカー(平均年齢32歳)は
本格的にブレイク。

日本初の春フェス、PUNKSPRING(パンクスプリング)にも
デデンと出陣決定です。

チケット情報はイープラスで。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>

最近売れてるロックDVD!? >>>

posted by スティーヴンスK at 18:09 | Comment(1) | TrackBack(0) | PUNKSPRING'06アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月08日

PUNKSPRING'06 アーティストレビュー:Bad Religion(バッド・レリジョン)

「アメリカンパンクの王者」
「メロコアの元祖」

など、色々な形容詞がつくバッド・レリジョン。

1980年の結成以来、25年もの間パンク・シーンに君臨していますが、
その歴史は安穏としたものではありませんでした。

多くのメンバーチェンジを繰り返したバッド・レリジョンですが、
いつも中心になっていたのはこの二人。

ブレット・ガーヴィッツ (g)。

グレッグ・グラフィン (vo)。


1981年、ブレッド・ガーヴィッツはバンドのレコードをリリースするため、
自ら「Epitaph(エピタフ)」というインディ・レーベルを作ります。

そのレーベルから、デビュー・アルバム「How Could Hell Be Any Worse?」
をリリースしますが、2nd「Into The Unknown」が大失敗。

シンセサイザーを導入するなど音楽的に方向性を失ったことが響き、
5年ほど活動を中止します。

しかし、1988年、3rd「Suffer」で復活。

その後、毎年コンスタントに作品を発表し続けますが、
7th「Recipe For Hate」を最後にバンドはメジャーへ移籍。

1994年、8th「Stranger Than Fiction」をレコーディングした後には、
ブレットが「Epitaph(エピタフ)」社長業に専念するためバンドを脱退。

グレッグを中心とするバッド・レリジョンと、
ブレッド&エピタフは別れてしまいました。


しかし2000年。

バッド・レリジョンはエピタフへ復帰。
ブレットもバンドに復帰し、12th「The Process Of Belief」をリリース。

このアルバムは、ファンにも大絶賛され、
自他ともに認めるパンクの歴史的名盤といわれるほどになりました。

[The Process of Belief]
Bad Religion

bad_processofbelief

※amazonで全曲試聴できます。>>>

 

その後、ライブを重ね、さらに結束を深めたバッド・レリジョンは
2004年に13thアルバム「The Empire Strikes First」をリリース。


[The Empire Strikes First]
Bad Religion

bad_empire

※amazonで全曲試聴できます。>>>


このアルバムをひっさげ、
パンクの祭典”米Warped Tourで堂々ヘッドライナーを務めました。

そして、2006年の春に「PUNKSPRING(パンクスプリング)'06」に
登場するというわけです。


ぬぅ。こうやって振り返ると重いですなぁ。。。
彼らの歴史とドラマを感じながら、パンクの道程を味わいましょう。

 

チケット情報はイープラスで。

バッド・ レリジョンのTシャツ発見!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>

最近売れてるロックDVD!? >>>

posted by スティーヴンスK at 18:19 | Comment(0) | TrackBack(1) | PUNKSPRING'06アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月07日

PUNKSPRING'06 アーティストレビュー:THE ACADEMY IS...(ジ・アカデミー・イズ)

US、シカゴを拠点とするバンド、「THE ACADEMY IS...」。

彼らは、インディーレーベル「FUELED BY RAMEN」所属ですが、
このレーベルには同じくPUNKSPRING'06に出演する「PANIC! AT THE DISCO」も
所属しています。

USでは、かなり人気のあるレーベルで、
日本でも「このレーベルのファンだ」という人もいます。

さて。

「THE ACADEMY IS...」は、2005年2月に
デビューアルバム「ALMOST HERE」をリリースしたばかり。

[ALMOST HERE]
Academy Is...

academyis...

※amazonで全曲試聴できます。>>>

 

ヤロウ5人組で、インディーで、
パンクスプリングに出演するバンドとなると、
イケイケドンドンのバンドをイメージしちゃいますが、

ルックスはこんな。↓

アカデミーイズ

この雰囲気からイメージするよりも、
ストレートでキャッチーなロックですね。

女の子に人気でるな、これは。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

☆スーパーロック! のHomeへ戻る>>>

最近売れてるロックDVD!? >>>

posted by スティーヴンスK at 13:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | PUNKSPRING'06アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月29日

PUNKSPRING'06 アーティストレビュー:311(スリーイレブン)

冬は〜♪

キーボードを打つ手が〜〜♪

カジカムよ〜〜ぅ♪


・・・っつうわけで、
いまいちキータッチにリズムが出ない今日この頃。

しかし。

負けじと恒例の「アーティストレビュー」行きます〜!

PUNKSPRINGの第1回目は、311(スリーイレブン)!
※「サンイチイチ」とか読んじゃダメですよ〜。


さて、311は1990年、アメリカで結成されたバンド。
LAを中心に活動し、1993年にアルバム「Music」でメジャーデビュー。

サウンドのスタイルは、「生粋のミクスチャー」。

ヘヴィ・ロック、パンクの要素はもちろん、
ヒップホップ、レゲエのリズムが織り交ざり、
デビュー時からジャンル分け不能。

デビューアルバムをリリースした翌年(1994)、
早くも2nd「Grassroots」をリリース。

そして人気に火がついたのは、1995年。
バンドの名を冠した3rdアルバム「311」は、
ミクスチャーの完成形と呼ばれ、全米で支持されました。

その後も、

・1997年、4th「Transistor」

・1999年、5th「Soundsystem」

・2001年、6th「From Chaos」

・2003年、7th「Evolver」

と、コンスタントにアルバムをリリース。

一枚たりとて同じコンセプトのアルバムがなく、
ファンを飽きさせることはありませんでした。
(もちろん、支持する・しないの差は激しかったですが)


そして2005年8月。

8thアルバム、「Don't Tread On Me」を発売。

[Don't Tread on Me]
311

311

※amazonで全曲試聴できます。>>>


ジャンル分けできないのは、今に始まったことではありませんが、
ものすごく「自由」なアルバム。

しかもキャッチー。ポップです。

達人の域に入る、「ミクスチャー」の真髄が聴けます。
オトナな感じがいいですね。


こういうバンドを、春フェスで観れるのは
幸せなことですな。。。


311オフィシャルサイト(英語)はこちら。


311のTシャツ発見!

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■
Super☆RockのTopページへ >>>

たまには、○○いロック探すべ・・・>>> amazonなら送料無料。

posted by スティーヴンスK at 19:54 | Comment(3) | TrackBack(3) | PUNKSPRING'06アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月27日

PUNKSPRING(パンクスプリング)、出演アーティスト続々決定!

いやぁ、決まりだすと早いもんで。

話題の「PUNKSPRING(パンクスプリング)」、出演アーティストが
続々決定しています。

【出演決定アーティスト】12/27時点

311

THE ACADEMY IS...

BAD RELIGION

BEAT CRUSADERS

THE LIVING END

MXPX

PANIC! AT THE DISCO

SUGARCULT

ZEBRAHEAD

 

・・・おお、こりゃホントにパンク系オンパレード(笑)。

大御所、BAD RELIGION(バッド・レリジョン)がトリかと思いきや。

2006年2月にNewアルバムを出す、ZEBRAHEAD(ゼブラヘッド)が
メイン・アクトだそうです。

ほほー。


盛り上がりそうだなぁー。

 


【PUNKSPRING日程】

■2006/4/1(土) 幕張メッセ(東京)

■2006/4/2(日) 大阪城ホール(大阪)

★Open 11:00 Start 13:00

チケット情報はイープラスで。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

【相互リンクしませんか!?】

「スーパーロック!」と、
相互リンクしてくださるブロガーさんを探しています。

希望される方は、URLとハンドルネーム明記のうえ、
コメントしてください。よろしくお願いします。

※[条件はこちらでお願い!]
・何かしらロックに関係しているブログ。
・批判、中傷記事の多いブログでないこと。

広げましょ、ロックの輪!!

posted by スティーヴンスK at 17:05 | Comment(11) | TrackBack(4) | PUNKSPRING'06アーティスト特集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




DVD・CDレンタルなら楽天レンタル

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。